【時事】橋下徹氏 vs 丸山穂高議員

Pocket
LINEで送る

おはようございます。エビ子です。

【時事】では最近の気になるニュースや話題を取り上げていきたいと思います。
今回はツイッター上で繰り広げられている橋下徹氏と丸山穂高議員のバトルについてです。

このバトルは丸山議員のツイッター上でのつぶやきに端を発し、それに対する橋下氏の応酬となっています。

ツイートを一部抜粋して取り上げようと思いましたが、流れもあるのでひと通り載せてみます。

丸山ほだか@maruyamahodaka   (https://twitter.com/maruyamahodaka)
橋下徹@hashimoto_lo (https://twitter.com/hashimoto_lo) より引用

[丸山議員]
堺市長選や衆院選で多くの維新の会の同士が落選した。かつては殺し合いの戦で決着つける権力闘争を選挙という形でしているので当たり前だが命までは取られない。しかし、党として大きく影響力を削られたことは間違いない。党員も議員も同じ一票と言いながらこれまで一度も代表選の機会がない維新。今、松井代表が再び再選してもしなくても、堺・衆院選総括と代表選なしに前に進めないのでは。有言実行の政党なら、自らも身を切る改革を進めてこそ、苦しい時も支えて下さる党員や全国支部の声を聞いての再始動の先にこそ、都構想再挑戦や次に向けて浮かぶ瀬がある。

民進含め他党にブーメランあかんと厳しく言うといて、自分とこだけ緩いのはあかん、丸山も次4期目とかどうでもええ話、大阪と日本がよーなるかどうかが全て。それ考えたらどう考えても維新は総括と代表選が必要。若造に言われんでも代表は言うだけの人ちゃうし、ちゃんとやりまっせですね、失礼をば。

[橋下氏]
①維新国会議員にも丸山という口のきき方も知らない若造が勘違いしてきた。国会議員は永田町病にすぐかかる。丸山も自分の力で当選したと錯覚している。お前が勝てたのは松井さんが知事をやっているからだ。ボケ!代表選を求めるにも言い方があるやろ。ボケ!こいつには一度注意したのにあかんな。

②維新も代表選をやればいいが、松井さんは手を挙げないだろうね。国政政党の代表なんて松井さんには何のメリットもない。しんどいことだけやらされて国会議員に高い給料にふんだんの活動費、破格の身分を与えるだけ。維新の国会議員が代表に就いて次の選挙で維新は消滅。

③地方議員の大阪維新の会は、大阪での実績があるので代表・執行部が変わっても何とかなるかもしれない。それでも行政権を握る首長が重要であることにかわりはない。他方、弱小野党の国政政党日本維新の会で松井さんが降りたら日本維新の会は終わり。

④大阪維新の会はしらんけど、日本維新の会では国会議員は松井さんに代表をお願いする立場だろ。永田町にいると政党の代表は誰もがやりたいポジションだと思い込む。大阪からすれば日本維新の会の代表なんてやりたくないわ、丸山のボケ。結局国会議員、特に丸山がお願いするという落ちになるだろう。

⑤丸山のボケも含む『大阪』の日本維新の会国会議員が何故当選できるか。それは大阪府政市政が大阪では報道され、そして実際府民市民が府政市政の前進を感じているからだ。一度大阪維新と日本維新を切り離して、丸山のボケに大阪維新の力を学ばせるしかなさそうだ。それとまず言葉遣いから学べ、ボケ

朝日新聞、俺のツイートをしっかり読んでくれ。俺は松井さんが日本維新の会の代表を降りることに反対ではないし松井さんも降りたいはず。大阪維新の会に専念すればいいと思う。ただ丸山のボケのふざけた言い方を批判しただけ。松井さん以外で誰が代表になるのか見もの。

僕が怒ったのは、このふざけた言い方。維新は代表任期がない代わりに大型選挙の後は臨時党大会で代表戦をやるかどうかを毎回決める仕組みにした。この仕組みは維新だけ。丸山はきちんとした言葉づかいで代表戦を求めろ。松井さんは日本維新の会を突き放したらいい。丸山のボケは自民党へ就職活動しろ。

先ほど松井さんと話しまして、日本維新の会の法律顧問を辞しました。大阪での大阪維新の活動を理解することなく、ふざけた物言いをする国会議員がいるところと付き合うと精神衛生上良くないので。僕はちっちゃい人間ですから、こういう国会議員が一番嫌いなんです。

[丸山議員]
堺と衆院選の総括についての丸山ツイートに対してボケボケなコメントが散見されるが、1つの意見としては傾聴すべきも、ピント外れのボケボケ具合がなんとも。それじゃだめだ、やはりこういうときこそ維新はちゃんとやることやるべき、正論を貫くべき。

[橋下氏]
国政政党日本維新の会がダメになったのは、まずは僕の人間性。次に国会議員の永田町病。国会議員は国会や霞が関での仕事、永田町での人付き合いをやって仕事をやった気になっている。丸山のボケが典型例。大阪維新の会が大阪でやってきた活動を国会議員が他府県でやらなきゃ、勢力拡大なんて無理無理。

日本維新の会が選挙の総括をやって代表戦をやるならやるべき。僕は松井さんには無理に苦労せず大阪に集中してもらいたい。でも松井さんは僕のように薄情じゃないから、やーめたとは言わない。丸山のボケは、いきり立ってふざけた言葉で総括を求める前にお前が総括しろ。勢力拡大に役立たずのボケが!

日本維新の会が大阪以外で全く支持されないのは、丸山のボケを筆頭に維新の国会議員団が何もやっていないから。選挙のときだけ維新、維新と叫んだどころで支持なんてしてくれるわけがない。そもそも丸山のボケたち国会議員は自分の選挙区の活動だけ。他方大阪維新は大阪ではしっかり支持を得ている。

①日本維新の会の衰退原因の一つに維新の支持者もある。丸山を支持しているような支持者が多い政党は絶対に勢力は拡大しない。かつての在特会のようなもの。グループのメンバーも悪ければ支持者も悪い。丸山は正しいことを言っていると言いながら結局全体会議では一言も発さず

②丸山は選挙の総括と代表戦が必要と言っておきながら、いざ大阪維新の会の全体会議になれば黙ったまま。そして会議後の取材で自分の言っていることは正しいだと。正しいなら全体会議で言わんかい!丸山は国会という安全な場所で威勢のイイことを言うだけの議員。

③僕は安全なところで威勢のイイことを言って肝心なところでは黙ってしまう政治家が大嫌い。保守を強調する議員に多いね。国内では威勢が良く、国際社会では黙ったまま。稲田朋美が典型だけど、丸山もそれと同じ。さらに丸山は人事権者だけに米つきバッタのようになる。

④丸山の大阪19選挙区は大阪の中でも最も当選しやすい選挙区。相手候補のタマが悪いのと何と言っても維新の実力者今井氏が存在し、今井氏の力で丸山は当選している。丸山は今井氏には米つきバッタで、その他にはえばり倒している。特に大阪維新の地方議員には最悪の態度。

⑤安全なところでキャンキャン吠えて、維新の全体会議くらいのところでは何も言えない。国会での質問なんてどれだけかっこ良いことを言ってもノーリスク。丸山は言うだけで何も動かしていない。今井氏や自民党の重鎮たちには米つきバッタだけど維新の地方議員には偉そうにする

⑥こんな丸山が日本維新の会にいる限り、日本維新の会は衰退する。こんな丸山を支持する有権者がいる限り、日本維新の会は衰退する。ネットで支持されるダメな政治家の典型。自分の論が正しいなら維新の全体会議で主張してみろ!もっと大阪維新の会の地方議員を大切にしろ!

⑦丸山は大阪維新の会地方議員の中堅若手からは最悪の評価。維新を辞めた某女性議員と同じ評価。この2人は維新政治塾出身の同期だが、維新政治塾のチューター役に取材すれば分かる。俺はこういう国会議員が大嫌いい。こんなのを抱えていたら日本維新の会は消滅確実。

⑧選挙の総括と代表戦が必要!とあれだけ威勢よく言っていたのに、維新の全体会議では黙ったまま。松井さんにだけでも一言謝ればいいのにそれもできない。自分の人事権を持っている者には米つきバッタで世話になった大阪維新の会地方議員には偉そうな態度。最悪な国会議員だよ

地方議員を増やす苦労を知らず、増やした実績にも思いも及ばず、地方議員を1人も増やしたことのない丸山。それで国会質問がネットの一部でちやほやされて勘違い。地方議員を1人でも増やしてから偉そうにしろ!ボケ

日本維新の会は消滅の道へ。コアメンバーは血の結束が必要。大阪維新の会のコアメンバーの結束は任侠モノ。丸山は過去裏切り未遂あり。本来ここでさようならにすべきだった。丸山は肝心なところで裏切る。地方議員を増やしもしない者を国会議員という肩書きだけでのさばらす政党は希望の党と同じ穴の狢

確かに僕はくるくるパーだな。でも有言実行。最後の全体会議で言ったことを実行しているだけ。丸山のような国会議員をコアメンバーにしている日本維新の会は日本に必要なし。裏切り未遂、永田町病、地方議員軽視、大阪維新の会のメンバーからの信頼0、維新政治塾で悪評価の丸山。ネット支持者も最悪

丸山の政党交付金や政治資金の流れを追うべき。金で公認を得ている。こんな日本維新の会は消滅すべき。

この一連のやりとりを見て皆さんはどう思うでしょうか。
人それぞれ感じ方は違うと思います。
どっちも間違い、どっちも正しい、どうでもいいなどいろいろな意見が出てくると思われるこのやりとり。

私はどちらも正しいとは思いません。しかし、間違っているとも思いません。

まず発端となった丸山議員のツイート。
言わんとすることは分かりますし、正しいです。
実際に今回の選挙で日本維新の党は議席数及び得票数を減らしていますし、希望の党との不可侵条約(東京と大阪ではお互いの選挙区に候補者を立てない)も手を結んだと多くの方に認識され不評を買い、テレビでは立憲民主党の話題ばかりで埋没してしまっていたのは事実で、それの総括は今後の維新を思えば絶対に必要なことでしょう。
しかし、やはり使う言葉には気を使うべきだったと思います。
本人は松井知事を貶めるつもりもなく発信されたのでしょうが、公にさらされてしまうものであるからこそ人によって解釈が違ってしまうような言葉遣いはやめておいたほうが良かったのではないかと思います。
私は九州出身なので、この関西弁の本当のニュアンスはよくわかりません。
他の方のツイートを見ても、気にならないという方もいたし、完全に馬鹿にしているという方もいました。
やはり議員という揚げ足を取られやすい立場にいるからにはそういう点も気にしてツイッターを利用するべきではないかと思います。

橋下氏のツイッターははじめの方は納得できるところがあります。
年長者として丸山議員の発言が礼儀にかけていると感じ、それを指摘することは間違っていないし、行うべきことだと思います。

しかし、執拗すぎるし、言葉が荒すぎます。

ボケという言葉、計13個。
ボケやアホという言葉には関西人独特の解釈があると聞きます。
アホには愛があるとか何とか…
しかし、私はそのニュアンスがわからないので、ただの悪口としか思えません。
ついボケと言ってしまったとしてもせめて1回でしょう。
何度も何度も個人に対して、大勢の人が閲覧できるところで発信するのはこれはもうパワハラであり、リンチであり言葉の暴力、いじめです。
言葉遣いが注意する側の言葉ではないです。
よっぽど橋下氏のほうが言葉が悪いです。

ここまでやりますか?
言葉遣いがなってない挨拶の出来ない後輩部員を先輩部員が全校生徒の前でボコボコにするような感じでしょうか。

しかも、この発言は橋下氏に向けられたものではありません。
話題として取り上げられた松井知事は特にコメントを出しているわけではないし、橋下氏いわく怒ってないとか何とか…
だったらもう、橋下氏がここまでしつこくいうことではないですよね。

私が橋下氏の発言で何より問題だと思ったのは❝ネット支持者も最悪というものです。
これはもういきすぎでしょう。
丸山議員を支持している人には維新のすべてを応援している人、維新を応援しているから丸山議員を支持している人、丸山議員を支持しているから維新を応援している人、丸山議員個人として支持している人、色んな支持者がいるはずです。
それを一括りにして最悪だと言ってのけるとはたとえ辞任したとはいえ、維新の創設に関わり代表だった人の発言だとは思えません。
初めは橋下氏を支持していて、丸山議員に興味を持った人だって多くいるはずです。
それらの人たちをも切り捨てる発言だと取られても仕方がないです。
私にはこれからの橋下氏の考えや動向はわかりませんが、橋下氏は維新を見限ったということでしょうか。

最後の金で公認を得ている発言も、これが本当か嘘かはわかりませんが、仮に丸山議員が公認を金で買っていたとして、売ったのは誰なのでしょうか?
当時の党の幹部ですよね?
丸山議員が初めて選挙に出た時の代表は橋下氏であったのだから、橋下氏も関与していないはずが無いですし、辞任してしまった日本維新の党の法律顧問を今まで務めていたのも橋下氏です。
この発言は維新としてもメリットのある発言ではないですし、責任問題に発展していく可能性もあります。
これについて言及したということは維新が今後どうなってもいいということの表れでしょうか。
しかも、散々松井知事をバカにした発言をするなと丸山議員を罵っていたのに、松井知事を蔑ろにしているのは橋下氏なのではないかと思わずにはいられません。

 

私は丸山議員と同世代の人間です。
プレッシャー世代と呼ばれているらしいです。(団塊世代、ゆとり世代などの世代の呼び方のやつです)
だから何、って感じなのですが、同世代として今後も頑張ってもらいたいと思っています。

私は維新は野党として頑張っているなと認識したのは丸山議員と足立康史議員の国会質疑の動画を見てからです。
それまでは維新の党=大阪のイメージでしかなく、大阪に住んだこともない私にとっては意識する政党ではありませんでした。
しかし、この2人の動画はよくアップされているので見ることがあったのですが、他の野党が対案も出さずに建設的な議論ができない中で、しっかりと議論を進めようとする姿勢にとても感心をしました。
この2人以外にもしっかりとやっている維新の議員もいるのですが、ネットではこの2人が有名ですね。
この2人を中心に全国に維新の取り組みを理解してもらい支持してもらうことが人気を得る方法かな、と思っていた矢先に橋下氏の丸山議員潰しとも取れる今回の騒動には非常にがっかりしています。

私から見た丸山議員の印象はまっすぐ過ぎる頑固な熱血漢です。
正しいことを言い過ぎるというのでしょうか。
時として正しいことを言い過ぎる人はやっかまれることがあります。
目上の人からは生意気だと思われ、目下の人からは厳しすぎると取られます。
仕事に真面目すぎて冷たい人だと思われることもあり、正直すぎて社交辞令もあまり言えないタイプなのではないかと質疑応答の動画などから勝手に憶測しています。

具体的すぎますが、身近に同じような人がいるのでそうではないのかなと思っています。

憶測で話を進めますが、このタイプは慕われる人にはめちゃくちゃ慕われます。
しかし、嫌われる人にはとことん嫌われます。
たぶん、橋下氏にはとことん嫌われちゃっているのだと思います。
自分の納得のいかないことにはあまり従わないので、上から従わせようとすると非常に扱いにくい存在なのではないかと推測します。

動画を見てもらえばわかると思いますが、日本のタブーな問題にも臆することなく切り込んで質疑していくタフさを持っています。
おそらく丸山議員は保身など考えていないのではないでしょうか。結婚もされていないですし。
そうでなければ朝鮮総連やパチンコ、朝日新聞の社屋など人が追求するのをためらう問題には言及できません。
そしてそのような発言を多くするので、地上波テレビではなかなかお目にかかれません。(今回はかなり名前を売る機会にはなっているでしょうが)
橋下氏は安全地帯にいると言っていますが、国会の場でこれらの発言を臆することなく言っている丸山議員のほうがよっぽど命をかけて国の問題に向き合っているのではないかと私は思っています。

 

若手世代の発言や意志を潰すような組織に未来はありません。
いつの時代でも巻き起こるイノベーションは若い世代が鍵となります。
イノベーションの起こらない社会は衰退する一方です。
それは、組織でも会社でも国でも同じだと思います。

現に優秀な若手ほど海外に活路を見出して日本から出てしまうこともあります。
丸山議員の場合、強く日本を想っている方なので日本から出て行くことは考えられませんが、優秀な若手を使いこなしていかなくては組織から人材が流出することもあるでしょう。
(維新を離脱したら当選しないと思われる人もいるでしょうが、私は優秀な人材だと思います)

若いから、部下だから、後輩だからと意見を押さえつけるのではなく、若手からあげられる意見にしっかりと耳を傾け、時には諭し、時には激励し、頼れる上司であり、先輩であり、トップであることを理想として行動していただきたいものです。

 

↓足立議員関連の本↓


永田町アホばか列伝


報道特注(本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。