【少子化】なぜ産むのか・なぜ産まないのか

Pocket
LINEで送る

こんにちは。エビ子です。

今回のテーマは【少子化】です。

人はなぜ子供を産むのでしょうか。
人はなぜ子供を産まないのでしょうか。

産む・産まないという表現では女性だけの問題だと思われるかもしれませんが、もちろん男性も含めた問題です。

私は乳幼児2人の子供がいます。
では、私はなぜ産んだのでしょうか。
そして、なぜ複数産むことを選択したのでしょうか。
話を進める前に私の場合についてお話したいと思います。

  • 私はなぜ産んだのか

端的にいうと、産みたかったから。この一言につきます。

そんなことを言ったら何の議論にもならないじゃないか、と思いますよね。ですので、私の産みたかったという感情を少し掘り下げて考えてみたいと思います。

私は3人兄弟で育ちました。両親は共に5人兄弟です。親戚が多いです。
子供の頃は年齢の違う地域の子供たちとたくさん遊びました。
周りの友達も兄弟がいる子が多かったです。一人っ子は学年(4〜6クラス)に数人いる程度でした。
つまり何が言いたいかというと、子供の頃から赤ちゃんや小さい子が身近にいる人を沢山見てきているということです。そして、赤ちゃんとふれあえる機会が多くありました。また、赤ちゃんや小さい子に対して可愛いという思いを抱いていました。
ですので、一つ目の理由として私の中で結婚して子供を持つということは当たり前という意識がありました。
また二つ目の理由として、縁あって結婚することができたので、夫となる人との子供がほしいという思いもありました。
そして、三つ目に私から産まれた子供がどのように大きくなり大人になっていくのかとても興味がありました。ある種、生物・遺伝的な興味です。こんなことを言ってしまうと子供を私物化している!なんて言われてしまうかもしれませんが、私は理系学部を卒業しているので、そこに関する知的好奇心は外せません。もちろん、子供達を強制することなく本人の意志を大事にして子育てしたいと心掛けています。
最後四つ目は産めたから。こういう発言をしてしまうと産めない人に配慮がないという意見が出てくるかもしれません。最近は特に不妊の方への配慮が大きく求められていますので。しかし、産めない方を誹謗中傷するわけではなく、産める・産めないというのは事実でしかありません。ですので、私は産めたから産みました。
以上が私が産んだ理由として挙げられるものです。

《私が産んだ理由》
①子供を産みたいという自然な感情
②夫の子を産みたいという思い
③生物的興味
④産めたから

  • 私はなぜ複数人産むことを選択したのか

今いる子供が2人ですが、今後もう1人の子供が欲しいと思っています。
欲を言えば、もっと経済的に余裕があり、体力が続くのであればそれ以上産みたいという思いがあります。

なぜでしょうか。

まず一つ目に私と夫ともに3人兄弟であり、それが普通であるという意識が少なからずあります。なんとなく2人だと少ない気がしてしまいます。地域的にも兄弟数が多く、周りも2人以上産む人が圧倒的です。

二つ目に、兄弟のありがたみを実感したからです。
私の父は数年前に他界したのですが、今後もしも母がいなくなったら・・・と漠然とした不安に襲われました。その時に兄弟がいて本当に良かったと思ったのです。もちろん、子供の頃から比較的仲が良く兄弟のことが好きだという気持ちもあるのですが、両親がいなくなり、自分が高齢になったときにも年の近い兄弟は生きているであろうということがとても私に安心感を抱かせてくれました。兄弟にはそれぞれに配偶者がおり、私にも夫がいて家庭を築いていてそこにも安心感はありますが、もしもの時に頼れる存在が多いというのは精神的な安定に寄与します。
実際に私の母も子供たちが皆、家から出てしまっているので、近くに住む離婚などでパートナーのいない兄弟と助け合いながら暮らしています。
これらは兄弟仲が良くなければ出来ないことであり、自分の子供達がそうした思いを抱いてくれるかはわかりませんが、お互いが信頼できる兄弟仲を築いていってくれればいいなと思っています。
以上が私が複数人産んだ(産みたい)理由です。

《私が子どもを複数人産んだ理由》
①私も夫も3人兄弟
②父が他界した時に兄弟のありがたみを実感した

 

  • ヒトはなぜ産むのか

上に私の場合を書きましたが、では他の人はどのように考えているのでしょうか。

《ヒトは人はなぜ産むのか》
①子供を産みたいという自然な感情
②夫の子を産みたいという思い
③生物的興味
④産めたから

これらに加えて
⑤跡取り・人手が必要だから
⑥子供が好きだから
⑦パートナーが子が欲しい・必要だと言ったから
⑧妊娠したから
⑨無理やり産まされたから

こういったことが理由としては挙げられるでしょうか。
子供を産むということは人によって理由も事情もバラバラでしょう。
中には意にそぐわず子供を持つことになった人もいるかもしれません。しかし、ほとんどの人はおそらくポジティブな意志があって子を持つことになったと思います。

子供を複数人産むかどうかについては経済的・身体的な理由があると思います。
最近は子供にそれなりの教育費をかけたいと子供の数を少数に絞る方が多いです。両親のキャリアとの兼ね合いや地域性もあると思います。
また、都市部では特に晩婚傾向にあり高齢出産が増えています。そのため、年齢的にも少数しか産めないということもあります。
年齢にかぎらず、不妊である場合もあります。実は私も2人目を望んでいたときに1年強妊娠をしなかった時期があり、このままいけば一人っ子だねという話はしていました。このような2人目不妊は案外多いと聞きます。

  • ヒトはなぜ産まないのか

今まで産む側の理由を考えてきました。
では、産まない側の理由も挙げてみたいと思います。

《ヒトはなぜ産まないのか》
①身体的に産めないから
②子供が苦手・好きではない
③パートナーの事情
④キャリアや趣味を優先したい
⑤パートナーがいない
⑥LGBTだから
(L:女性同性愛者/レズビアン G:男性同性愛者/ゲイ B:両性愛者/バイセクシャル T:トランスジェンダー)
⑦家庭や家族というものにトラウマがある
⑧そもそも考えたことがない

私が思いつくのは上記ぐらいですが、皆さんはどう思われるでしょうか。
子を産む・産まない/産みたい・産みたくない、という思いは人によって異なるものです。人に強制されるものではありません。大事な決断だからこそ本人が納得できていることが重要だと思います。
一人ひとりの決断が受け入れられる、誰もが納得のいく人生を送れるそんな世の中であってほしいと私は願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。